以前、顔見知りの使用済み車販売業者の方に、12年乗りつぶした車を

一体、今自分が乗っている車は、査定に出すとどの位の値段がつ

以前、顔見知りの使用済み車販売業者の方に、12年乗りつぶした車を鑑定してもらいました。ほぼ廃車同然だと言われてしまい、買い取ってもらえるのかどうか不安でしたが、、3万円で下取りしてくれるということでした。あとで、その車は修理を経て代車などに使われているようです。最近では、出張査定をしている中古買取業者がほぼ全てといっていいぐらいです。指定した日時に自宅に査定スタッフが来て、車の現況をチェックして見積りを実施します。出された査定額に納得できたら、車を売る契約を結んで、愛車を引き渡し、数日後に金融機関の口座に売買額が振り込まれます。

中古車の売却時におさえたいことは、パソコンを使って調べられる査定額についてなのです。

この車の価格が決まるときのありがちなトラブルの引き金です。
提示された価格につられて業者に頼んで来てもらって、見積もりをしてもらったら、こすった跡や凹みのため予定よりも低い価格になる事例がたくさんあります。

従って、出張査定の際も何ヶ所かの業者を選ぶのが売却額を高くすることにつながると思います。愛車を査定に出したら、契約した後に減額されたり、他にも引き取った後に減額する事を言われたという話を時折耳にします。車の引き取り後に減額をするのは、おかしな話です。売買契約書に判子を押してしまう前に、取引後に減額される可能性を指摘されていたか、それに、どんな理由から減額をしたのかなどで取れる対応などは変わってきます。

どのような理由でも、納得ができないという場合には買取をキャンセルしてしまうのも、一つの手段だといえます。

法改正によって、平成17年1月から自動車の再資源化の推進のため、自動車リサイクル法が実施されていますよね。ですから、ほとんどの車の所有者は車の購入時に自動車リサイクル料金を納めているのではないでしょうか。こうした、リサイクル料金を払った車を売却するにあたっては、買取業者から購入時に支払ったリサイクル料金相当の金額が返ってくるのです。


返された金額が、査定額とは別に扱われるのか、まとめて査定額として扱われているのかどうかは、確認を怠らないようにしましょう。

車の査定を受ける時、その車を洗っておくかどうか、というとこれは実は、洗っておくべきという人と、洗わないでおいた方がいい、という人がいます。

査定前には洗っておいた方がいい、と考える人は多くいて洗車しておくのが当たり前のようにも思えますが、きれいに洗車してしまうと、結果として隠れていた細かいキズも目に見えるようになってしまうのです。
理屈としてはわかりますがしかし、査定人もこのための訓練を受けてきたプロです。


洗車の有無に関わらずキズを見落としたりする訳がありません。



そうであるならば、汚れた車を査定人に見せて印象を悪くするよりも、ざっと汚れを落とすくらいは、是非しておきたいものです。売却予定の車を査定してもらう場合、車内に喫煙臭や動物(ペット)臭が残っていると減点は免れません。
自分では臭いと思わなくても、いつも乗っているため車のにおいに慣れてしまって、気が付かないというケースがほとんどです。査定前に誰かにニオイチェックを頼むというのも手です。
布用消臭スプレーや空間芳香剤などを多用しても時間をかけて付着した有機系の汚れがニオイの発生源ですから、マットや灰皿など洗えるものは洗い、車内はとことん拭き掃除をすることです。

車の査定は出張査定をしても、基本的にはどこの業者も無料で行っていますが、たまに有料という場合があります。その時は査定料として請求されるのではなく、出張料金として請求される場合が多いです。料金を請求するところが悪い買取業者という訳ではありませんが、無駄なお金を払わないためにも、出来るだけ無料のところを利用してください。



Q&Aサイトなどを見ると、他人名義の車は売れるのかという質問がしばしばあります。妻や子からの相談が圧倒的に多いのは、名義人を変えなくても車は乗れるという現状をよく現していると思います。


実際には、自分以外の人が車の所有者(名義人)であるときは、名義人の印鑑証明を用意していただき、実印を捺印した譲渡証明書と売却の委任状を用意していただければ、本人以外でも代理人契約として売却できます。
ただ、売買契約時に名義人本人が立ち会える場合は、本人契約となるため、譲渡証明や委任状は不要です。

ときどきあることですが、名義が信販会社になっている車は売却できないため、査定を断られると思います。
ローンを返済し終えて名義変更してからなら売却可能です。
中古車の見積もりを行う場合に、カーナビゲーションシステムなどのオプションがついていると査定にプラスされることが多いようです。



ただ、最近発売されている車にはカーナビが付いていない方が珍しいので、新型のカーナビシステムを搭載していない場合にはグッと高く見積もってもらえるケースはないといって良いでしょう。カーナビシステムが標準的になっている現代において、カーナビゲーションシステムが付属していない場合にはマイナス査定されてしまうこともあるでしょう。